本若とは

香川の祭馬鹿、平宅亮を筆頭に2005年12月に関西で名乗りを揚げた演劇集団である。
「暴走芝居族」をまとう本若の売りはエッジの効いた殺陣。
スピード感とバリエーションに富み、かつダイナミックな魅せる殺陣は関西でも群を抜いている。
それを取り入れ創りあげる物語が「腐った世の中にナックルパンチ」を喰らわすのだ。
観劇者にリアル「少年ジャンプ」と言われるくらい、ジャンプをリスペクト。熱き想いを炸裂させる。
作品の時代好尚に縛りはなく、古代から未来まで表現方法は多種多様。その時代、時代に懸命に生きる人々を熱く、時には優しく描きあげ、繰り返す人の歴史に受け継がれていく、忘れてはいけない「人としての心」を紡いでいく。
関西にいるなら本若は必見!!

【劇団員】
団長 平宅亮(へいたくりょう)
上島よう子/二宮正晃/渡辺ケイ/福島健太

【主要スタッフ】
舞台監督   中嶋さおり(BS-Ⅱ)
舞台美術   hige(BS-Ⅱ)
  音響   谷口大輔(有限会社T&Crew)
  照明   入江明憲(BS-Ⅱ)
サンプラー  大谷健太郎(BS-Ⅱ)
楽曲制作   フナハシダイチ(u-full)
  衣装   Moto-Workers
 小道具   Moto-Workers
宣伝美術   henmix
  制作   早崎砂絵子